母乳には赤ちゃんにとって大切な栄養素がたくさん含まれています。母乳育児は、お母さんと赤ちゃん、どちらにもいいことがたくさんあります。

平松祐司先生
平松祐司先生
岡山市立総合医療センター顧問/岡山大学名誉教授

初乳(しょにゅう)が赤ちゃんを病気から守る

妊娠末期になると、助産師さんに乳房の手当を教えてもらいます。出産後、乳首をつまむと、少し黄色をおびた透明な乳汁がでます。これが初乳(しょにゅう)です。赤ちゃんが感染しないように守る、母親由来の重要な免疫(めんえき)グロブリンという物質や、成長因子(いんし)が多く含まれています。出産後7日ほどで、脂質および糖質が豊富に含まれる成乳に変わります。出生直後の赤ちゃんのほっぺに乳首をふれさせると、反射的に吸いついてきます。赤ちゃんがおっぱいを吸うと刺激がお母さんの頭へ伝わり、オキシトシンという物質が分泌(ぶんぴつ)されます。母乳を出したり、子宮を収縮させたりする働きがあるため、産後の子宮の回復が促進されます。

授乳は、母子の絆(きずな)を確立する上でもとても重要です。授乳により心理的に母子の絆(きずな)が強くなります。さらに、母乳栄養を行うと、お母さんは糖尿病、肥満、メタボリック症候群、乳がん、卵巣がん、子宮内膜がんなどになるリスクが減少し、赤ちゃんは胃腸炎、気道感染症、小児肥満などになるリスクが減少します。例えば、妊娠糖尿病の妊婦さんは将来健常人の7.43倍の頻度で糖尿病になりやすいことが知られていますが、授乳期間が長いほど、その頻度(ひんど)が減少します。これは、お母さんは授乳することによりエネルギーを消費して、産後早く体重が減少することと、健康管理への関心が深くて、喫煙率は低く、運動もよくし、より健康的なライフスタイルを取ることも影響していると思われます。

授乳できなくてもお母さんは「お母さん」

お母さんが一部の感染症にかかっている場合や、服薬している薬の都合、赤ちゃんが小さく生まれた、赤ちゃんの体質の問題など、さまざまな事情から、お母さんが望んでも、母乳栄養で育てられないケースもあります。最新の人工乳(粉ミルク)は、母乳を参考に、赤ちゃんに必要な栄養素を満たすよう開発されています。母乳育児ができなくっても、お母さんは「お母さん」です。母乳をあげるだけがお母さんの役割ではありません。胸を張って、たくさんの愛情を赤ちゃんに注いでいきましょう。