Babyプラス

日本産科婦人科学会監修

TOP平松祐司先生

平松祐司先生の記事一覧

おっぱいの手入れ
  • 妊娠

おっぱいの手入れ

平松祐司先生岡山市立総合医療センター顧問/岡山大学名誉教授

出産後すぐに赤ちゃんへの授乳が始まります。妊娠中期になったら、乳房マッサージや乳頭の手入れをして備えましょう。 授乳の準備は乳腺炎(にゅうせんえん)予防にもなります 妊娠経過にともない、乳腺(にゅうせん)・乳管組織が増殖し、乳房や乳頭、乳輪が大き…

出産後すぐに赤ちゃんへの授乳が始まります。妊娠中期になったら、乳房マッサージや乳頭の手入れをして備えましょう。 授乳の準備は乳腺炎(にゅうせんえん)予防にもなります 妊娠経過にともない、乳腺(にゅうせん)・乳管組織が増殖し、乳房や乳頭、乳輪が大き…

いいこといっぱい、母乳育児
  • 出産

いいこといっぱい、母乳育児

平松祐司先生岡山市立総合医療センター顧問/岡山大学名誉教授

母乳には赤ちゃんにとって大切な栄養素がたくさん含まれています。母乳育児は、お母さんと赤ちゃん、どちらにもいいことがたくさんあります。 初乳(しょにゅう)が赤ちゃんを病気から守る 妊娠末期になると、助産師さんに乳房の手当を教えてもらいます。出産後、…

母乳には赤ちゃんにとって大切な栄養素がたくさん含まれています。母乳育児は、お母さんと赤ちゃん、どちらにもいいことがたくさんあります。 初乳(しょにゅう)が赤ちゃんを病気から守る 妊娠末期になると、助産師さんに乳房の手当を教えてもらいます。出産後、…

多胎妊娠
  • 妊娠

多胎妊娠

平松祐司先生岡山市立総合医療センター顧問/岡山大学名誉教授

双胎(そうたい)妊娠、いわゆる双子は、妊娠中も分娩(ぶんべん)時もいろいろ大変です。育児も大変になりますから、前もって準備を進めておきましょう。 妊娠中も分娩(ぶんべん)時もリスクをしっかりコントロール 多胎(たたい)妊娠は赤ちゃんの数により、双…

双胎(そうたい)妊娠、いわゆる双子は、妊娠中も分娩(ぶんべん)時もいろいろ大変です。育児も大変になりますから、前もって準備を進めておきましょう。 妊娠中も分娩(ぶんべん)時もリスクをしっかりコントロール 多胎(たたい)妊娠は赤ちゃんの数により、双…

帝王切開の流れ
  • 出産

帝王切開の流れ

平松祐司先生岡山市立総合医療センター顧問/岡山大学名誉教授

帝王切開は、赤ちゃんの命を守るために必要な手術です。帝王切開になっても、2人目、3人目のお産もできるので安心してください。 帝王切開とはどのようなものですか? 何らかの理由で経腟(けいちつ)分娩(ぶんべん)できないときに、帝王切開を行います。帝王…

帝王切開は、赤ちゃんの命を守るために必要な手術です。帝王切開になっても、2人目、3人目のお産もできるので安心してください。 帝王切開とはどのようなものですか? 何らかの理由で経腟(けいちつ)分娩(ぶんべん)できないときに、帝王切開を行います。帝王…

糖代謝異常合併妊娠
  • 妊娠

糖代謝異常合併妊娠

平松祐司先生岡山市立総合医療センター顧問/岡山大学名誉教授

妊婦さんの約10%が糖代謝異常です。 糖代謝異常と診断されたら医師と相談し、血糖管理を行います。 糖質代謝異常には、食事療法が大切です 妊婦さんの約10%に何らかの糖代謝異常がみつかります。妊娠中の糖代謝異常には、①妊娠糖尿病、②妊娠中の明らかな…

妊婦さんの約10%が糖代謝異常です。 糖代謝異常と診断されたら医師と相談し、血糖管理を行います。 糖質代謝異常には、食事療法が大切です 妊婦さんの約10%に何らかの糖代謝異常がみつかります。妊娠中の糖代謝異常には、①妊娠糖尿病、②妊娠中の明らかな…

妊娠中の出血
  • 妊娠

妊娠中の出血

平松祐司先生岡山市立総合医療センター顧問/岡山大学名誉教授

妊娠中はいずれの時期も出血しやすく、さまざまな原因が疑われます。出血した場合は自己判断せず、かかりつけ医の指示に従いましょう。 出血したらかかりつけ医に連絡を 妊娠中はいずれの時期でも出血しやすい状態となっています。出血といっても、おりものに少し…

妊娠中はいずれの時期も出血しやすく、さまざまな原因が疑われます。出血した場合は自己判断せず、かかりつけ医の指示に従いましょう。 出血したらかかりつけ医に連絡を 妊娠中はいずれの時期でも出血しやすい状態となっています。出血といっても、おりものに少し…