Babyプラス

日本産科婦人科学会監修

TOPお産・産褥期

お産・産褥期の記事一覧

2人目、3人目とタイミング
  • 出産

2人目、3人目とタイミング

木戸道子先生日本赤十字社医療センター 第一産婦人科 部長

子どもが増えることで人数分、手間が増えるとは限りません。上の子の子育ての経験や知恵を役立てましょう。 年齢差や、上の子の育児について考えておきましょう 子どもがひとりでもこんなに大変なのに、もうひとり増えると手間も苦労も倍になると思われがちです。…

子どもが増えることで人数分、手間が増えるとは限りません。上の子の子育ての経験や知恵を役立てましょう。 年齢差や、上の子の育児について考えておきましょう 子どもがひとりでもこんなに大変なのに、もうひとり増えると手間も苦労も倍になると思われがちです。…

母体の回復と月経
  • 出産

母体の回復と月経

大川玲子先生国立病院機構 千葉医療センター 非常勤医師

多くの女性では、産後1〜2カ月で月経が再開します。女性の健康のバロメーターとしての月経について、産後の変化を知っておきましょう。 産後の女性は心身ともに大きな変化がある 出産後、それまで胎盤(たいばん)から大量に分泌(ぶんぴつ)されていた性ホルモ…

多くの女性では、産後1〜2カ月で月経が再開します。女性の健康のバロメーターとしての月経について、産後の変化を知っておきましょう。 産後の女性は心身ともに大きな変化がある 出産後、それまで胎盤(たいばん)から大量に分泌(ぶんぴつ)されていた性ホルモ…

母乳育児のトラブル
  • 出産

母乳育児のトラブル

水野克己先生昭和大学 小児科学講座 教授

おっぱいを空にすることが乳腺炎の予防になります。量が少ない人は、赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれる工夫を。 おっぱいをためたままにしないことが大切 赤ちゃんがお産の後、早い時期からおっぱいを吸ってくれると、母乳をつくったり、出したりするホルモンがた…

おっぱいを空にすることが乳腺炎の予防になります。量が少ない人は、赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれる工夫を。 おっぱいをためたままにしないことが大切 赤ちゃんがお産の後、早い時期からおっぱいを吸ってくれると、母乳をつくったり、出したりするホルモンがた…

いいこといっぱい、母乳育児
  • 出産

いいこといっぱい、母乳育児

平松祐司先生岡山市立総合医療センター顧問/岡山大学名誉教授

母乳には赤ちゃんにとって大切な栄養素がたくさん含まれています。母乳育児は、お母さんと赤ちゃん、どちらにもいいことがたくさんあります。 初乳(しょにゅう)が赤ちゃんを病気から守る 妊娠末期になると、助産師さんに乳房の手当を教えてもらいます。出産後、…

母乳には赤ちゃんにとって大切な栄養素がたくさん含まれています。母乳育児は、お母さんと赤ちゃん、どちらにもいいことがたくさんあります。 初乳(しょにゅう)が赤ちゃんを病気から守る 妊娠末期になると、助産師さんに乳房の手当を教えてもらいます。出産後、…

産後のからだとこころ
  • 出産

産後のからだとこころ

種部恭子先生女性クリニックWe! TOYAMA 代表

体力の回復には個人差がありますので、ゆっくり疲れを取りましょう。こころの電池が足りなくなったら、子育てはパートナーに任せて、休みましょう。 産後はゆっくりと体力の回復を 英国王室のキャサリン妃は、出産当日に退院しました。これは日本以外では特別なこ…

体力の回復には個人差がありますので、ゆっくり疲れを取りましょう。こころの電池が足りなくなったら、子育てはパートナーに任せて、休みましょう。 産後はゆっくりと体力の回復を 英国王室のキャサリン妃は、出産当日に退院しました。これは日本以外では特別なこ…

小さく生まれた赤ちゃんのお父さん・お母さんへ
  • 出産

小さく生まれた赤ちゃんのお父さん・お母さんへ

熊坂栄先生葛飾赤十字産院 小児科 部長

医療技術の進歩により、早産児の多くが救命できるようになりました。小さな赤ちゃんは入院期間が長いですが、家族の一員として成長を見守っていきましょう。 26週以降出生児の9割以上は救命できるようになってきた NICU(新生児集中治療室)では、早産児を…

医療技術の進歩により、早産児の多くが救命できるようになりました。小さな赤ちゃんは入院期間が長いですが、家族の一員として成長を見守っていきましょう。 26週以降出生児の9割以上は救命できるようになってきた NICU(新生児集中治療室)では、早産児を…

帝王切開の流れ
  • 出産

帝王切開の流れ

平松祐司先生岡山市立総合医療センター顧問/岡山大学名誉教授

帝王切開は、赤ちゃんの命を守るために必要な手術です。帝王切開になっても、2人目、3人目のお産もできるので安心してください。 帝王切開とはどのようなものですか? 何らかの理由で経腟(けいちつ)分娩(ぶんべん)できないときに、帝王切開を行います。帝王…

帝王切開は、赤ちゃんの命を守るために必要な手術です。帝王切開になっても、2人目、3人目のお産もできるので安心してください。 帝王切開とはどのようなものですか? 何らかの理由で経腟(けいちつ)分娩(ぶんべん)できないときに、帝王切開を行います。帝王…

会陰切開って必要ですか?
  • 出産

会陰切開って必要ですか?

加藤聖子先生九州大学病院 産科婦人科 教授

日高庸博先生地方独立行政法人 福岡市立病院機構 福岡市立こども病院産科

外陰部と肛門の間を会陰と呼びます。分娩(ぶんべん)時の裂傷(れっしょう)などを予防するために、会陰切開が必要になるケースもあります。 会陰切開が必要かどうかは、分娩(ぶんべん)直前でないとわからない 分娩(ぶんべん)にともなう会陰裂傷(れっしょう…

外陰部と肛門の間を会陰と呼びます。分娩(ぶんべん)時の裂傷(れっしょう)などを予防するために、会陰切開が必要になるケースもあります。 会陰切開が必要かどうかは、分娩(ぶんべん)直前でないとわからない 分娩(ぶんべん)にともなう会陰裂傷(れっしょう…

お産ってどう進むの?
  • 出産

お産ってどう進むの?

増崎英明先生佐世保市総合医療センター 理事長/ 長崎大学 名誉教授

初めての出産では、お産に12〜16時間程度かかります。陣痛(じんつう)が始まってからあわてないように、荷物などを準備しておきましょう。 お産が始まってから赤ちゃんが生まれるまで お産(分娩(ぶんべん))とは、痛みをともなう規則的な子宮収縮(陣痛(…

初めての出産では、お産に12〜16時間程度かかります。陣痛(じんつう)が始まってからあわてないように、荷物などを準備しておきましょう。 お産が始まってから赤ちゃんが生まれるまで お産(分娩(ぶんべん))とは、痛みをともなう規則的な子宮収縮(陣痛(…

安産ってどういうこと?
  • 出産

安産ってどういうこと?

木村正先生大阪大学大学院 医学系研究科産科学婦人科学教室 教授

安産とは、お母さんとベビーが元気におうちに帰ること。急に必要になってもあわてないよう、医療介入について知っておきましょう。 理想のお産と、医療介入の必要性 「あなたはどんなお産がしたいですか?」という質問をすると、たいていの女性は「自然なお産がい…

安産とは、お母さんとベビーが元気におうちに帰ること。急に必要になってもあわてないよう、医療介入について知っておきましょう。 理想のお産と、医療介入の必要性 「あなたはどんなお産がしたいですか?」という質問をすると、たいていの女性は「自然なお産がい…